楊式太極拳の公式サイト

     楊式太極拳
                           
            自然からの静かなるやわらかき力


 自然からの静かなるやわらかき力 楊式太極拳 画像 

 

       内神道の開祖、長尾豊喜の著作から 「老子武道門」の逍遥
 

 楊式太極拳の壮大な効能、万能の武道の全体像が見えます。

 世界でもはじめて出るところの、本流の楊式太極拳の発掘書。

 楊式太極拳の本家から渾身の名著。教育医療等に必須知識。

 
   子供たちに豊かな心を伝えること

   が大切だと書かれ、武道が義務

   教育とされたことでの、提言が述

   べられています。

       義務教育への指導景色
    内神道PHOTO=義務教育指導の景色
      
 
  高齢化社会への貢献が述べられています。

  人類が経験したこともない時代が参ります。

  そのような時代の救世主となりうる「本流の

  楊式太極拳」の姿を、丁寧に現実として伝え

  てあります。

         常盤大学での高齢者講座から
     内神道PHOTO=大学高齢者講座から(常盤大学)

   ・古代楊式太極拳の発掘ほか

   ・楊式太極拳世界の逍遥

   ・内神道創始者
 



  (筆者ー長尾豊喜の出版時のPROLOGUEより抜粋)

 ほとんど知られていないという楊式太極拳世界の全景色の内容を、正しい知識を中立に、客観的に、
 
 わかりやすく網羅的に解説することに努めたつもりであります。古代の本流の楊式太極拳とは何か?

 そのことを念頭に入れ、お読みいただきたいと願っております。
 
                                                                                        2007年秋吉日                          


                   

               「楊式太極拳」著作案内

                   「自然からの静かなる力 楊式太極拳」
                        発行所; 内閣府認証法人 世界多聞内神道武道連盟
                        販売所; 株式会社 星雲社
                        著  者; 長尾豊喜
                        販売日; 2008年1月22日
                        判  型; A4判 ISBN978-4-434-11167-9 C0075
                        定  価; 2100円(本体2000円+税5%)



  誠実さと美しい自然を愛し続けた日本人の心の歴史は、古代老子経の自然の考え方の流入と、鎌倉時代の禅、仏教文化の完成が影響しています。 


古代楊式太極拳の発掘

老子は、もっとも古い説では紀元前

650年頃の人とされています。老子

以前にも中国では殷(いん)という時

 代からの様々な哲学が醸成しました。

それらの事実は古い伝統文化の存在

を教えてくれます。楊式太極拳は老子

が実質の師傅だという歴史の真実を、

みつめることで正しい理解ができます。




日本国の武道武士道文化

日本国の武士道の原点は、今から、

2500年以上前の老子経に書かれて

います。「よき武士は、不武である」と

され、また「不争の徳をもつことだ」と

もされます。第十五章「微妙玄通」が

示します。それを「天古の極に配す」

という表現で武士道に纏めています。

このような考えが武士道の源流です。





日本国で新生した内神道

古代中国の、老子経にある武士道は
  
日本国に来て、よりサムライの文化を

特異化させました。ほんの僅かの時代

を除き、日本人は、世界一の、礼儀と誠

実さを弁えた文武に優れた民族でした。

平和な家庭を作ることを愛した民族だっ

たからです。内神道は日本で古代中国の

遺産を堀りあげ、新武道に構成しました。







関連サイト =                     楽天関連  item.rakuten → 

                             yahoo関連 books.yahoo →  

                             livedoor本 books.livedoor →    その他 楊式太極拳取扱い主要書店 →



 

  長尾豊喜 楊式太極拳世界の逍遥 その他の書物、楊式太極拳の文化 

  
  2000年の1月から、医科向けの小雑誌 「自然食ニュース」に連載され、大きな反響を得た 「癌治に向きあう最前線」。

   その書物に によって、楊式太極拳の地位が大きく向上し、長尾豊喜 先生は名実ともに、日本一の「楊式太極拳家」の

   地位を不動にされました。

   そして内神道という日本武道の構築が整いました。

  「癌治に向きあう最前線」は、「氣勁」を世に問うた書物でした。

  楊式太極拳とは、本来は「本流の楊式太極拳」を持っているものです。

  それは多くの奇跡的現象を生み出し、また、多くの神通力のようなものも含みますが、それは実は自然力の回復です。

  「多聞内神道 奥義」は、古代からの本流の楊式太極拳の奥義を尽くしてまとめられました。

  昔の、古きよき大中国の、美しく、また精神の自由で強く健全な人材のあふれた時代の壮大な文化を集められたのです。
  

                    長尾豊喜 楊式太極拳世界の逍遥   長尾豊喜 の 楊式太極拳世界の広がり →
                                   
 


 長尾豊喜=内神道創始者の紹介文(抜粋) = 

  元、(株)中外製薬顧問

  技師として活躍のなか、幼児期から好んだ老子世界の哲学に埋没。

  易経も研究。
 
  シュヴァイツアーの「生命の畏敬」を深き信条とする。

  人生の目的と善悪基準を求め続け、海外での武術修行やインドの氣を参考に仏陀研究も行い

  老子を専門伝承。自然家、老子家。

  財団法人常陽藝文学苑はじめ各地の洗練された有力法人、数多くの人々の支持を受け、広く世

  間に認められるようになる。老子経を伝える一方で、自然活動なす。NPO法人筑波山環境クラブ

  理事長も勤め、茨城県、桜川市から絶大な信頼を得ている。

 名人の塩田剛三十段をして、

 「これからの日本国の武道を支える一番の漢に成る」

 と過去に予言されたことが伝説となっている。

 若いころ、他流との試合を多く経験。無敗の伝説も有名。

   

長尾豊喜 が代表を勤める世界

                      環境→ NPO法人筑波山環境クラブ    
                      老子経からの武道→ 多聞内神道    
                      都心での事業部 太極拳長江会 → 太極拳長江会武道      
                      新宿 広報と国際貢献 → 太極拳長江会 
                      老子経からの武道グループ → 多聞内神道武道 
                     
  
              



長尾豊喜 の老子経世界

                   長尾豊喜の公式サイト 長尾豊喜の公式サイト 「老子経真論」
                   
弟子一門が作る長尾豊喜の文化館 長尾豊喜老子哲学文化館



      楊式太極拳の世界                                                老子経                                                 

  発行所:  多聞内神道 新宿区西新宿7の2の10 電話03−3371−3888 FAX03−3371−3348
   販売所:  星 雲 社   文京区大塚3の21の10  電話03−3947−1021 FAX03−3947−1617    


       楊式太極拳=楊禄禅(福魁) from about 1842 A,D. Toyoki Nagao Rights Reserved