長尾豊喜 公式サイト 楊式太極拳HOME   楊式太極拳 世界の広がり


  

 楊式太極拳 世界は広大であり、豊かな効能にあふれております。
 このサイトの、このエリアにおいて、長尾豊喜先生の、楊式太極拳関連の、書物、文化等を随時、公開してゆきます。

  
 楊式太極拳は、「道の獲得」と「自己の真の支配」を求めています。
 ソフォクレスが、
 「道を獲得したものは不動なり」
 といい、
 ゲーテが、
 「自己の支配こそが徳の第一の要求である」
 といいます。
 楊式太極拳が、「道徳経」という老子の理論でできていることを、いつも基本に忘れないことが、真の鍛錬を生みます。


 「癌治に向きあう最前線」 多くの患者に希望をもたらした、自然治癒力の世界、そして「気勁」 


  2000年の1月から、医科向けの小雑誌 「自然食ニュース」に連載され、大きな反響を得た 「癌治に向きあう最前線」。その書物に
   によって、楊式太極拳の地位が大きく向上し、長尾豊喜 先生は名実ともに、日本一の「楊式太極拳家」の地位を不動にされたと言
   っていい。多くの、太極拳家もどき、にとって、「本物の楊式太極拳」という世界が、決して安易にできていないことも主張できた名著
  であった。 

  癌治に向きあう最前線 長尾豊喜 先生が、自信の楊式太極拳をもって世に問うた氣勁 →  長尾豊喜 著 「癌治に向きあう最前線」 入口 →(準備中)

  大自然にあるすべてのものは法とともに行動する。大自然の秩序は宇宙の建築家の存在を証明する―― カント

  

       癌治に向きあう最前線


 「多聞内神道奥義」 武道とは自然と会話しながら、人間の品格や倫理観を高めるそのようなものでなくてはならない。

 人生とは、決して平坦ではなく、むしろ険しさと厳しさを教えてくれる存在かもしれない。そして生きるということは、
 それ自体が霊長の存在である人間の、向上のための試練場として、自然界によって仕組まれているとさえ思える。
 多聞内神道楊式太極拳とは、ゆえに宇宙を悟り、こんな人生に立ち向かう強靭なツールであるというのである。

 多聞内神道奥義 長尾豊喜 先生が、多聞内神道楊式太極拳の奥義をまとめた書物 → 「多聞内神道奥義」が語る 長尾豊喜 先生楊式太極拳文化入口 →(準備中)

    多聞内神道という武道の神髄がまとめられている。普遍的な人間の真実を見つめている。

               多聞内神道奥義  

   


 「老子の武道」 「妙」の深音、「玄」と「武士道」の輝く悟り =仏典を育てた人類の師匠「老子」を行深尽くす。 

 本流の「楊式太極拳」の「氣」「勁」を科学する。

 日本国はもとより、世界各地において、「氣の本格的知識」、「道と武道と武士道の正しい理解に寄与できる文献」、そして「老子の武道の実践の教科書」
 として使用され、十分に通用するように書かれてある。

 本流の楊式太極拳本 「老子の武道」 長尾豊喜 先生が、まとめた教科書 → 「老子の武道」が語る 長尾豊喜 先生楊式太極拳文化 入口 →(準備中)

    本書は「老子経」の実践哲学によってととのった「道」たる「老子の武道」を明快に解説

   

                       



 

関連サイト

 多聞内神道のグループ広報サイト → 多聞内神道武道 PUBLIC―RELATIONS(TAMON・INFO)
 多聞内神道へのご連絡 → 多聞内神道へのMAIL
 長尾豊喜 道長先生のサイトへ → 長尾豊喜 老子経公式サイト
 太極拳長江会 公式サイト → 太極拳長江会
 環境支援 → 太極拳長江会 支援ほか 筑波山環境クラブ公式サイト 
 太極拳長江会 グループの公式サイト → 太極拳長江会武道
 多聞内神道 公式サイト → 多聞内神道
 老子哲学文化館(楊式太極拳の文化) → 長尾豊喜 老子哲学文化館
 長尾豊喜道長先生 仏哲サイトへ → 長尾豊喜 釈迦と玄奘三蔵と西遊記世界 公式サイト

  










楊式太極拳の世界                                                           道徳経とともに                                                  

  「楊式太極拳 自然からの静かなるやわらかき力」 ;

  発行所:  多聞内神道 新宿区西新宿7の2の10 電話03−3371−3888 FAX03−3371−3348
   販売所:  星 雲 社   文京区大塚3の21の10  電話03−3947−1021 FAX03−3947−1617    


          Lao-tze 老子 from about 655 B,C. Toyoki Nagaol Rights Reserved